中学受験で偏差値が足りなければ塾選びをしっかりとしよう

2016年度の実践女子中学の合格体験記を書いていて思い出しましたが、数年ほど前に私の子供がプロ講師にお願いし中学受験をしたのですが、最初は目標の偏差値に全然届いていなくて、これはどうにかしなければと思い塾選びに拘りました。

塾には色々なタイプが合って、中学受験を決めるまでは普通の塾に通っていました。ここは一般的な塾で、一クラス複数人で授業を行う物だったのですが、偏差値の事を考えると、これでは中学受験間に合わないと感じました。そこで、個人指導をメインでしてくれる塾に、変更しました。

すると今まで変わらなかった偏差値も、どんどん良くなってきました。個別指導だと質問もしやすいですし、周りに競争相手もいないので、自分だけの世界に入り込めてとても集中できていたようでした。うちの子供の場合ですが、それほど積極的な性格ではなかったので、こういう個別指導をしてくれる塾の方が合っていたようです。

中学受験で大事なこと

このおかげで無事目標だった私立中学にも入学できて、今でも楽しそうに通っています。中学受験で大事なことは、親がしっかりと子供の環境を整えてあげる事だと感じました。特に塾選びに関しては、ただ有名だからという事で決めないで、子供が集中できる環境の塾を選んで上げる事で、より勉強しやすくなると思います。なので、これから中学受験を考えている人には、塾選びに拘って欲しいです。